​©︎ SOLEIL LEVANT. ALL RIGHTS RESERVED

Tel: 0863.88.0144(予約不可) | Mail: hello@soleillevant.jp

  • Facebook - White Circle
  • YouTube - White Circle
  • Instagram - White Circle

January 4, 2019

June 15, 2018

June 13, 2018

June 3, 2018

Please reload

最新記事

New Year

January 4, 2019

1/7
Please reload

特集記事

ビットコインにまつわる話

January 17, 2018

 

 

1/17の日本時間7:30ごろを底(1/17 9:50現在)に、ナイアガラ暴落をしたって話題の仮想通貨。

 

まず、仮想通貨って何?って方も多くいるはず。

一番よく耳にするのは、ビットコイン。

ビットコインというのは、物理的な貨幣とは違い、価値の基準をデータ化し、インターネットを通じて流通をさせるバーチャルカレンシー。

(とは、言ってもデジタル化に新規性はあまりなく、現状でもみんなデジタル化された貨幣をよく使っていると思いますが、違いはデータの保守方法にあります)

*詳しくはネットで自分で調べてー!

 

んで、今朝の暴落ってのは通貨の流動性が高まることに弱気な各国が一斉に規制を言い出した事を口火に、マーケットが利食いや利確をしてったことで、釣られて下落が止まらなくなったんだろうと解釈しています。

 

自国通貨を流出させたくない途上国や基盤が弱い国は、流動的なコインを嫌う。一方経済的に成熟し次のネタを仕込みたい国や企業が多い場所では規制緩和をし、個人や他所からの原資調達をしたい。もしくは様子見する余裕がまだあるし、あわよくば主導権を握りたい。そして資産の逃げ場を探す人たちは必死にそのハブを探しているわけですから、仮想通貨みたいに弱い自国通貨をその他の外貨や資産に変えやすい方へ流れ込むんですね。安全資産的に。でも、そんなのは上がった下がったのザルの上の小豆豆のような現象で、いつでもどっかで起きてる現象の一部に過ぎないんだと思いますが、肝心なのはこっち。

 

各種コイン(トークン)を出している事業の中身そのもの。

中身のある企業の価値をどのように評価していくのか?に尽きるかと。

まだなーにもサーヴィスを提供していないので、ぴんと来ない事も多いですが、みたことも聞いたことも無いようなプロジェクトが急に始めるわけじゃなくて、今すでにある既存のサーヴィスの信頼性をさらに強化するために置き換わって行くことから始まるわけです。

中にはもちろんスタート切れずにアウトすることはあるでしょうが、それは見る目なかったねーって、苦笑いするしかない。

 

様々な企業がどんな思惑でトークンを出しているのか!?については、各社のホワイトペーパーが閲覧できるので、ご自身で調べてみてくださーい。

社会の役に立ちそうだなーって団体や会社のトークンを自分の"余剰資金"を数百円〜数万円だけでもベットして観察するのは面白いと思います。

 

なんで急に僕こんなこと喋っているのかというと、ブロックチェーンが持っているポテンシャルと、理美容業界を取り巻く各種管理システムの改革には、まさしくこの仮想通貨の発展に伴うデジタルアセットの取り扱いに鍵があると思うからです。

 

ちょっと説明するには骨が折れるので、理美容とブロックチェーン関連の結びつきや今後についての解説が必要な方は、個人的に喋りましょう。

いつかどっかのタイミングでちゃんと僕もちゃんとテキストにしたいです。

 

朝から何だかとっちらかっていますが、今日も元気に髪を切りますよー。

 

peace

 

 

初めて取引を開始するならこちらの取引所がとりあえずココが良いと思うス

 

>>コインチェック<<

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア